糖尿病の検査と診断について

糖尿病の検査

糖尿かどうかは、血液検査でわかります。検査は次の4項目です。

① HbA1c(ヘモグロビンA1c) 血糖値が上昇すると赤血球の中のヘモグロビンとくっつきヘモグロビンA1cになります。 この検査の値は過去1~2カ月間の平均的な血糖値を表しているため、普段の血糖値を調べるので重要な役割を果たします。
② 早朝空腹時血糖値 通常であれば、夕飯を食べてから朝起きるまで何も口にしないため、朝食前が最も血糖値が高いと考えられます。この値が高いという事は、血糖値を体がコントロールできていないという事を示します。
③ 75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験) 最も確実な検査です。 ブドウ糖液を摂取し、時間経過ごとに血糖値を測定するという検査です。わざと血糖値を上げ、どのような反応を示すかで、判断しようという検査です。
④ 随時血糖値 通常状態の血糖値を計る検査です。

糖尿病の初期は、自分ではわからないものです。
症状を把握するために検査しますが、多くの糖尿病患者さんの場合、ある日突然これらの数値が上昇するというわけではありません。

糖尿病の診断

糖尿病の検査診断基準
① HbA1c(ヘモグロビンA1c) 6.5%以上
② 早朝空腹時血糖値 126mg/dl以上
③ 75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験) 200mg/dl以上
④ 随時血糖値 200mg/dl以上

検査項目で挙げた4つのうち①かつ②または③、④の場合、糖尿病と診断されます。
重要なのは①の値と②~④の値の両方が高いという事です。どちらか一方だけではありません。
また、糖尿病でない人でも一時的に血糖値が高い時もあるので、複数回の検査を経て診断に至ることもあります。

糖尿病とは
糖尿病の原因
糖尿病の症状
糖尿病の検査と診断について
糖尿病の一般的な治療について
糖尿病の合併症について

お問い合わせ

「診察に関心があるけれども通院するのはちょっと・・・」
「遠方からで当院にご来院することが困難」
とお考えの方などお気軽にお問い合わせください。

0740-32-3317 滋賀県高島市安曇川町末広3-22-1 当院へのアクセスはこちらから
診療時間 日・祝
09:00~12:00
15:30~19:00

電話問診も下記時間に承っております

当院では下記の時間帯に初診を希望される患者様に電話にて問診を行うことも可能です。
ご希望の方は「電話問診希望」とお知らせください。

【時間:第一周火曜・第3週火曜の13時~13時30分、19時~19時20分】
※電話が集中する場合がございます。つながらない場合はご了承ください。