糖尿病の合併症

糖尿病の合併症

糖尿病の合併症

糖尿病には様々な合併症があります。
ここでは、その中でも起こりやすい3つの合併症を紹介いたします。

目の合併症

目の合併症

目の合併症で最も多いのは、「糖尿病網膜症」です。
糖尿病になると、目に張り巡らされた細い血管(毛細血管)がダメージを受けやすくなります。その状態が続くと、網膜出血や網膜剥離などが起こり、視力の低下・最悪失明もありうる危険な合併症です。 そのため、年に一回の眼底検査(目の奥にある細い神経の変化を検査)をおすすめします。
血糖値のコントロールが多少悪くても、早期の発見と治療で毛細血管の出血を防ぐことが出来ます。

目の合併症に対する注意

糖尿病を患っている方は、年に1回眼科にかかることをおすすめします。
糖尿病網膜症は予防、重症化を防げる病気です。こまめに目の状態を検査することで、早期発見・早期治療が可能です。

腎臓の合併症

腎臓の合併症

目の合併症の項目でも書きましたが、糖尿病にかかると細い血管がダメージを受けやすくなります。 腎臓にも多くの細い血管があり、腎臓の働きが悪くなります。

そうなると、血圧の上昇・体がむくむなどの症状が表れ、重症化すると腎不全・尿毒症などになってしまいます。 腎不全になると、人工透析が必要になり、治療がさらに難しくなります。

腎臓の合併症は、自覚症状がなく進行することが多いので、特に気を付けなくてなりません。

腎臓の合併症に対する注意

根本的に、血糖値のコントロールをする以外にありません。
腎臓は、血圧のコントロールや体内の老廃物などを排泄する尿をつくる重要な器官です。
もし、腎臓の合併症が見つかったら、症状を抑えることを考えてください。
毎日の生活習慣(食事・運動・喫煙・飲酒など)の改善を行い、専門医の治療に従って治療をしてください。

神経障害の合併症

神経障害の合併症

糖尿病を患っている方が、手や足の指先・指裏に
「ピリピリ・チクチクした痛み」「焼けるような痛み・うずくような痛み」「しびれ」を感じたら、神経障害の合併症を起こしている可能性があります。

また同様に、糖尿病を患っている方が、
「 ケガで出血しても、痛みを感じにくくなる(痛みに鈍くなる)」「四肢の筋肉が萎縮・変形」「たちくらみや頻脈(脈が速くなる)が起きる」
などの症状が出ると、神経障害の合併症の可能性があります。

神経障害の合併症に対する注意

痛みに神経が鈍感になることが多い為、傷が出来ても自覚できない患者さんがいます。
傷口から菌が入り、その部位が壊死してしまうこともあります。
そこで、できるだけ体を清潔に保ち、傷がないか確認するようにしてください。
神経障害が起きた方は、後述する目や腎臓に関する障害も疑われます。医師と相談し、他の合併症の検査を受けることをおすすめします。

糖尿病とは
糖尿病の原因
糖尿病の症状
糖尿病の検査と診断について
糖尿病の一般的な治療について
糖尿病の合併症について

お問い合わせ

「診察に関心があるけれども通院するのはちょっと・・・」
「遠方からで当院にご来院することが困難」
とお考えの方などお気軽にお問い合わせください。

0740-32-3317 滋賀県高島市安曇川町末広3-22-1 当院へのアクセスはこちらから
診療時間 日・祝
09:00~12:00
15:30~19:00

電話問診も下記時間に承っております

当院では下記の時間帯に初診を希望される患者様に電話にて問診を行うことも可能です。
ご希望の方は「電話問診希望」とお知らせください。

【時間:第一周火曜・第3週火曜の13時~13時30分、19時~19時20分】
※電話が集中する場合がございます。つながらない場合はご了承ください。